年  一  て  る     故  る  傾  が  し  く  は  見  起  夕                 
  の  人  い   ゜ 幾  無   ゜ げ  ら  出  そ  瑠  て  こ  暮  少              
  寝  も  る  木  度  く  桃  る  右  さ  し  璃  な  る  れ  年              
  息  集   ゜ 陰  か  少  色  少  手  れ  て  色   ゜ の  の  の           瑠  
  に  ま  何  に  の  女  の  女  を  少  低  を  何  か  紅  掌           璃  
  も  ら  処  眠  夕  は  舌  の  開  女  く  放  処  と  を  の           色  
  う  な  に  る  暮  赤  の  前  く  は   ゜ る  に  目  瑠  上           硝  
  す  い  行  少  れ  く  上  で   ` 答  さ   ゜ 行  を  璃  で           子  
  ぐ   ゜ っ  年  が  な  で  少  次  え  ぁ  右  っ  見  色  硝           玉  
  届  少  た  の  逝  る  硝  年  に  る   ` か  た  張  に  子              
  く  女  か  顔  き   ゜ 子  は  左   ゜ 何  ら  か  る  変  玉              
   ゜ の   ` に   ` 子  玉  赤  手  右  処  左   `  ゜ え  が              
  軽  影  あ  夕  ま  供  は  い   ゜  ゜ に  へ  こ  ぼ  て  光              
  く  が  の  日  た  達  ま  唇  あ  少  あ  左  の  ん   ゜ を     向        
  握  長  子  が  夕  の  た  を  れ  年  る  か  硝  も  子  集     山        
  っ  く  供  陰  暮  笑  瑠  開  ぇ  は  ?  ら  子  お  供  め              
  た  な  達  影  れ  い  璃  い  ?  微     右  玉  嬢  達  て     葉        
  少  り   ゜ を  が  の  に  て     笑  手  へ   ゜ も  は  い     子        
  年   ` 今  与  訪  中  輝  見  小  み  を   ` 少  よ  何  る              
  の  少  は  え  れ  で  く  せ  首  な  差  高  年  く  が   ゜             
                  ゜  ゜                                        
                                          

  か  食  り  目  い  し  少  か  で  硝  い  口  よ  ゅ  り  る  で  行  の  手  
  り  さ  掌  覚   ゜ ゃ  年  し  転  子  か  上  く  っ  に  速   ゜ く  足  か  
   ゜ れ  を  め  し  が  の  誰  が  玉  な  を  見  き  塗  度  少   ゜ 下  ら  
  眠  は  開  な  か  み  寝  も  せ  を  い  真  て  ゅ  れ  を  女  何  を  ぽ  
  り  じ  き  い  し  込  息  夢  ば  頬   ゜ 似  な  っ  た  落  の  処  通  ろ  
  の  め   ` の  少  み  を  の   ` 張  少  て   ゜ と  硝  と  声  に  り  り  
  淵  て  そ  は  年   ` ほ  中  同  り  年  空  何  磨  子  し  が  行  過  と  
  に  い  し   ` の  目  の  に  じ  な  の  に  処  け  玉   ` 聞  く  ぎ  瑠  
  落  る  て  何  眠  覚  か  は  夢  が  眠  放  に  ば  を  や  こ  の   ` 璃  
  ち   ゜ 目  の  り  め  に  入  が  ら  り  る  行  ま  ス  が  え   ゜ こ  色  
  込  少  を  せ  は  を  感  っ  見  少  は   ゜ っ  た  カ  て  た  逃  ろ  硝  
  ん  女  見  い  深  待  じ  て  ら  年  続  も  た  光  |  回  よ  げ  こ  子  
  で  は  張  ?  ま  つ  る  は  れ  を  い  ど  か  る  ト  転  う  な  ろ  が  
  い  た  る     る  し  だ  行  ぬ  見  て  か   `  ゜ に  を  に  い  こ  転  
  く  だ   ゜ 少  ば  か  け  け  も  遣  い  し  こ  ぼ  包  止   ` で  ろ  が  
  少  た  玉  女  か  な  で  な  の  る  る  い  の  ん  み  め  玉   ` こ  っ  
  年  だ  は  は  り  す   ゜ い  か   ゜  ゜ 程  硝  も  込  る  は  逃  ろ  て  
  の  泣  紅  ゆ  :  術  そ   ゜ と  舌  少  う  子  お  み   ゜ ゆ  げ  何   ` 
  前  く  に  っ  :  は  ば  た   ゜ の  女  ま  玉  嬢   ` ほ  る  な  処  少  
  で  ば  浸  く   ゜ 無  に  だ  し  上  は  く   ゜ も  き  こ  ゆ  い  へ  女  
   ゜                                                          

〔発表:昭和62年(1987)6月第22回東京座会/初出:「短説」1987年7月号/
初刊:年鑑短説集〈2〉『青いうたげ』1988年7月/upload:2008.9.22〕

前の作品〈短説の会〉Official Web Site HOME作品目次短説『百葉』同じ作者の作品次の作品

the tansetsu
Copyright © 1987-2008 MUKOUYAMA Yoko. All rights reserved.
短説の会